living zone kitchen zone children zone

子供たちは、家族に活気と思いがけない喜びを与えてくれます。が、子供がいると、「静かできれいな部屋」をキープし続ける
ことはむづかしいかも知れません。

子供たちにも自分の空間を与えてあげるのが理想です。
その空間では子供が興味をもってすることを自由にさせてあげることが大切。
カナダでは子供が好きな色合いをコーディネートし、その子供の個性を生かすインテリアデザインがなされています。家具を選ぶときはできるだけ収納スペースが多いものを選ぶこともポイントです。

** PLEASE DESCRIBE THIS IMAGE **1. PLAY 遊びの空間

子供は、床に寝そべって絵本を読んだり、パズルを作ったりするのが大好き。
だから子供部屋の床には、おもちゃや本などが散らかってしまうのです。壁のスペースを活用したり、CDや本、おもちゃなどには、収納のための専用棚を設け、自分で片付けられるようにしてあげることも大事です。

2. READING 子どもの読書

子供が幼稚園に入る頃は、座っていることを覚えさせるよい時期です。小さなテーブルと椅子を置いて、絵本を見せながらじっとしていること学ばせてください。子供が成長して一人で本を読めるようになったら、テーブルを学習机に置き換えて対応します。

 

** PLEASE DESCRIBE THIS IMAGE **3. HOMEWORK 宿題

小学生になると子供たちの活動も広がります。友達を呼んで遊んだり、友達が家に来て一晩泊まる「スリープオーバー」などもあります。
宿題も与えられるようになるでしょう。子供部屋の床面積が狭ければ、ベッドと机が一体型になった家具を使うのもアイデアです。

4. PERSONAL SPACE 個性的な空間

カナダでは赤ちゃんの時から子供たちに部屋が与えられます。
子供たちは生後6ヶ月頃から自分の部屋が与えられるので、親と一緒に寝ることはまずありません。小さな子供の部屋にも必ずベッドがあり、それが部屋の中心となっているのです。
女の子の部屋には、天蓋のついたプリンセスベッドなどを置くこともあります。